地震について

北海道胆振東部地震を経験したので、忘れないうちに記録に残しておこうと思い、書き記してみる。

 

9月5日に台風21号が来たので、ベランダのものは避難させておいた。もし物干し竿があったら、どうなっていたのかは不明だけど、リビングのガラスに当たったらしていたら…と思うと結果的に良かったと思う。

6日の深夜3時、ミシミシという揺れの中で飛び起きる。すぐに携帯からエリアメールが鳴り響いて「遅いよ、お前!」と携帯に悪態をつきながら充電を引っこ抜いて、二階へ向かおうとする。その時に姿見が倒れてきたが、気にせず長男と二階へ。

二階は扇風機が倒れていて、子供部屋のロフトのはしごも娘の方は倒れていた。ハシゴを支えながら、まず長男が次男を下ろす。娘のはしごを戻して、支えながら娘も下ろす。

扇風機の伸ばしていた首を短く戻しておこし、テレビをつける。震源地が北海道、震度5程度と確認して、みんなで一階に降りる。モンステラが倒れていたので、箒で土を掃き、掃除機を出したところで停電。

すでに長男の友達の家は停電していたので、やっぱり停電したか、と思いつつ、寝室で次男と娘と寝ようとする。

翌朝食べるものがないことに気づいて、車で近くのローソンへ。電気はついているものの、店員さんは中で恐らくはオーナーに電話中、休業していた。あたりは真っ暗。信号も付いていない。これはダメだと思い家に帰る。途中、近くにある北会館の前に数人の人がいるのを見つけ、家に戻ってから歩いて向かう。自宅が停電したので自主避難してきたという若者たちの集まり。館長さんと連絡が取れないと言っていたが、ぱっと見て問題なさそうな若者たちだったので、そのまま自宅に戻って就寝

 

登校記

7/9の記録

 

朝はなかなか起きない。足が痛い、足底筋膜炎だと起きてくる。

準備もさっさとはやらないので、いつもより10分くらい遅れて登校。

 

帰宅後、頭痛外来へ。

首の腫れは良くなってきたが、片頭痛になっているのだろうと診断される。

痛み止めと片頭痛の薬を処方されて帰宅。

登校記

7/6の記録

 

目覚ましが鳴らないと起きてくる。頭が痛い頭が痛いと連呼。校歌を歌う元気はある模様。

イライラしているのか言葉がきついため喧嘩になる。しょんぼりと登校。

今日は三者面談。

 

面談後、朝の態度を謝ってくる。

頭は痛いようだが、4時間授業なので大丈夫だった様子

登校記

7/3の記録

 

かなりつらそうに起きてくる。

課題をやったので数学だけでも授業に出たいと、登校。いつもより準備もゆっくりで、忘れ物をして戻ったり、さらに傘を忘れたりとボロボロの登校。

たぶん保たないと思う、と言っていたので、早退になるかも。

 

最後まで授業を受けて帰宅。よく頑張ったと思う。5時間目の家庭科はかなりつらかったらしいが、保健室に一度行った後は授業に戻ったらしい

登校記

7/2の記録

 

頭が痛いと起きて来て、朝ごはんはそれなりに食べて登校。

保健室へ行くことなく、頭痛外来受診のため5時間目終了後に早退。

受診前に痛みが増した様子だが、いざ診てもらうときは治ったよう。